日常に潜むわたしの興味。

日常に潜むわたしの興味。

28歳女子。既婚。会社員。本、哲学、散策が好き。そんな私が見ている風景をお届けします。

飲んだくれ。

たまにの飲みの場。

久しぶりに気の置けない仲間と集まった時には、

ついつい羽目を外してしまいがち。

 

楽しくなってしまって、飲み始めると止まらない。

だから途中で「今日はこの辺にしておこう」と

自制できる方法を教えてほしい。

 

しかも飲む前にヘパリーゼの錠剤を体に仕込んでおけば、

大体次の日も耐えられることを知ってしまったので、

怖いものはもはやないという始末。

 

とはいえ、大量に飲みすぎた次の日は、

後悔に明け暮れる。頭がガンガン、ふわふわ回る。

おまけに気持ち悪さも加わって、最悪の状況。

 

基本、他の物事って終わりよければすべてよし的な要素があって、

途中のプロセスが辛くても、最後最高の感情で終わっていたら、

その思い出は良い思い出として頭に記憶される。

 

お酒の飲みすぎは次の日がこの上ないほどの最悪な状況に陥って

締めくくるというのに、何回も繰り返してしまう。

 

お酒がおいしく中毒性があって、

さらに仲間との会話が楽しくて、そっちが勝ってしまうんだろうな。

 

さて、飲んだくれになるのは、できる限りひかえよう。体を酷使しす過ぎる。

でも、飲みたいときは飲めばいい。やりたいことはやりたいときに。

そして、二日酔いで後悔したとしても、お酒の場は楽しかったのには変わりないので

後悔はほどほどにしよう。