日常に潜むわたしの興味。

日常に潜むわたしの興味。

28歳女子。既婚。会社員。本、哲学、散策が好き。そんな私が見ている風景をお届けします。

歩く時間は整理の時間。

最近時間をとって、少しでも歩くようにしている。

リモート中心の環境になってから、

以前より意識的に外に出ないと、

歩くということをしない生活が当たり前になってしまいそうだから。

 

そしてその時間を、頭の整理、考え事をする時間にしている。

テーマは決めるが、できるだけざっくばらんに頭に出す。

 

歩いているとき考えると、

ちょっと視野が広がったように、頭の整理ができるときが多い。

とても良い時間だなと、感じている。

 

私の基本的な性格は、せっかち。

毎日会社に通っていたころは特に、

マナーがよくないと思いながらも、

歩きスマホをして、何をしていたかというと

誰かに連絡いれたり、何かの予約を取ったり、

そう、タスク処理。

 

歩いている時間も何かしなきゃって。

 

でも、そんな私に余裕のなさを感じていた。

確かにタスク処理はいつかはやらなきゃいけないから

やっているのだけど、

歩いているときにまでする必要はない。

 

この余裕のなさは、意外といろんなところに響いてしまう。

 

そして自分の中で決めたのが、

「歩いている時間は、頭の整理をする時間にしよう」ということ。

 

机やPCに向かっているときよりも、

運動しているときとか、お風呂入っているときとか、

何気ないときにひらめきがあったりするって、よく聞きます。

私もシャワー浴びてて、遭遇したこともある。

 

だから、それもうまく活用して、

そして、歩く時間をマナー違反の時間にするのではなくて、

もっと有意義な時間にしようと思い取り入れた。

 

 

こんな些細なことなのに、

頭の中に考えをいろいろ巡らし、

たくさん歩けた日は、1日の充実感が増した気がする。

 

自分のせっかちな性格が求めている、

たくさん歩く+何かしたい、という欲も満たされ、

解決したかったことも、何とか答えが出る。

 

今後も続けたいと思う。

ただ、気が乗らないときは無理にはやらないこと。