日常に潜むわたしの興味。

日常に潜むわたしの興味。

28歳女子。既婚。会社員。本、哲学、散策が好き。そんな私が見ている風景をお届けします。

記憶はイメージで。ストーリーを添えて。

学生時代、暗記ばかりしていた。

その暗記は、テストでよい点を取るためだった。

 

何度も声に出して、語呂合わせで、音楽にのせて、

いろんなやり方で必死に暗記していた。

 

 

頭にたくさん叩き込み、知識を増やすことは悪いことではない。

 

でもなぜいろんなことを頭に入れるかって、

自分の人生を豊かにしたり、世の中に活かすため。

テストで点をとることだけのためにでは、もったいない。

 

問題を解決したり、新しいことを考えて形にしたり、

いろんな方法で、いろんな考え方で、いろんな組み合わせで

それを実現できるように、頭に入れるものだと思う。

 

あと、ひたすら暗記で頭にぶちこんだ知識って、

意外とすぐに頭から消えてしまう。

 

最近の記憶法は、イメージでインプットすること。

頭の中でカメラのシャッターを切るように記憶する。

イメージ記憶法というらしい。

この方法は、頭に残りやすいことを私自身実感している。

 

そしてもう一つ。記憶にストーリーを持たせる。

なぜ記憶したいことが、そうなっているのか。

前後の流れや、背景とセットで記憶する。

 

これが結構使えて、自分の中で記憶を呼び覚ましやすかったり、

一つの記憶とその流れのセットが、全く違う内容の仕事に活かせたりする。

 

ぜひ、気になる方にはおすすめしたい。

私の説明は抽象的だけど、

このような方法論はいろんな人が発信していると思うので、

ぜひ見てみてほしい。

 

今日、日中この記憶法に助けられた場面があったので、

本日の題材とさせていただきました。