日常に潜むわたしの興味。

日常に潜むわたしの興味。

28歳女子。既婚。会社員。本、哲学、散策が好き。そんな私が見ている風景をお届けします。

自分の個性って。

人生を豊かに生きていくには、

自分の個性を自覚し、受け入れることが

重要になってきていると感じる。し、よく耳にもする。

 

 

自分が迷子になっているとき、

大体はよくない意味で人と比較してしまったり、

競ってしまったり、そして焦ってしまったり。

そんな時は自分のようで、自分でなくなってしまっている。

こんなことしていても意味がないと感じ、そしてストレスを感じる。

 

だからこそ、自分の個性を理解し、

それを軸に、私のままで生きること。

自分をよい形で尊重することで、

まわりに振り回されることもなくなる。

それが、自分らしく生きるということで、

結局一番大切なことだと、最近つくづく思う。

 

でも、問題は、個性って何かということ。

個性=他の人とちがった、その人特有の性質・性格。

つまり、強みや、好きなことや、そんな言葉にも言い換えられる。

学生時代、そんなこと上辺だけでしか考えてこず、

自分の個性ってなんだという問いにぶつかり、

ちょっと遅めの20代になってから、真剣に考え始めた。

 

 

個性っていろんないろんな場面で

思いがけず発見することがあると思う。

でも意図的に見つけるなら、例えば、

人に聞くとか、人生グラフを作って分析してみるとか

あえて自分の苦手なもの、弱みを逆手に取って考えてみるとか、

そんな手もあるのかな。

 

でも意外と、普段見ている景色の中で

心がプラスに動く瞬間があって、

そういうものが好みであって個性につながる。

心が動く瞬間が全部同じ人なんて、いないと思うから。

だからこそ、心が動く瞬間って大事にしたい。

そんな風に私は考えています。